読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

私はあなたの帰る場所

直感で生きたら出逢った私たち夫婦のスピリチュアルでリアルな日常

素晴らしいと思えないわたしを手放した日

じぶんらしさ しあわせ

わたしは、自分のことをダメだなってすぐ思っちゃうところがあります。

 

すごーく理想が高かったり、すごーくがんばろうとしたりします。

 

でも、そうすると、現実を見てどーんと落ち込んだり、むきーってなったりするわけです。

 

 

昨日の夜、いろいろ、どーんとなったりむきーっとなったりして、旦那さんに話を聞いてもらっていました。

 

 

なんでだろう。なんで、うまくいかないんだろう。

じぶんが、やっぱり好きじゃない。

すばらしいとおもえない。

とか。

思ってることをはきだしていって、話をしていくうちに旦那さんにいわれたこと。

 

「小4の算数くらいなのに高2の数学を解かないと怒られてきたんだと思うよ

 

まだ分数なのに、どうして微分積分わからないの?って言われてきたんじゃない?」

 

これを言われて泣きました。(数学で心を語る夫婦。不思議すぎ)

 

誰かに言われてきたかどうかではなくて、

 

そんな思い込みがあったってことで、

 

 

わたしはそんな価値観を自分の中心にしていたんだとおもう。

 

 

その価値観で、がんばることでなんとかすることで生きてきたから、そんな中心でも失うのはとってもこわくて、ずっと変わりたくなかったんだと思った。

 

 

何を信じて生きていけばいいんだろうって。

 

それがたとえ、まちがった価値観だったとしても、わたしにとってはそれが頼りで、そんな苦しい価値観でも、自分を信じられるものだったんだと思う

 

 

なんにもなくなっちゃいました。

 

もちろん価値観って1つじゃないから、それ以外でじぶんが信じてきたものもある。

 

でもたぶんとっても大きい価値観だったと思う。

 

 

残ったのは、いま、じぶんが人に伝えてること。

数秘をとおして伝えてることだけだった。

 

ほんと、わたしの人生を救ってくれたの数秘だわ(笑)

 

もー、ほんとに生きにくくて、なんでだろうって思ってる頃に、数秘33(性格とか性質を表す数字)って知って、ずいぶん楽になりました。

 

常識的ではなくて、人と同じになれなくて、すんごい尖った個性で、超変人。

変わってることをある意味諦められたというか、受け入れられたというか、しょうがないかなと思えた。

 

最近やっと使命数3(課題や苦手、弱みを表す数字)を受け入れられるようになって、甘えるの苦手とか、すぐ拗ねるとか、そこを上手にやれるようになってきた。

 

苦手なとこって、知ることと意識するだけでよくて、変えようとかがんばろうとかしなくてよいのね。

 

それが、やっと頭だけでなくしっかり体感できるようになってきた。

 

なので、昨日もひたすら頼って甘えた。

 

 

分数から積めばよいのだ。

分数わかんないまんま、微分積分解けないから。

 

分数がわかんないことを認めればよいって、ちゃんと微分積分解けるようになるよって

 

ちょっと安心した。

(数学で心のことを解く夫婦。マニアック(笑))

 

 

できない自分をもう責めなくていいんだなって安心した。

 

 

すばらしいって、思えなくてもいい。

できないってダメだって、思わなくなるだけで十分。

 

人には散々言ってるのになー。数秘の鑑定で。

 

自分のことは、1人では解けないなって思う。

 

だから数秘鑑定してるんだなって思う。

1度受けてほしいなーって思う。

 

色のない価値観だから、自分を知るのにはすごくいいなと思う。