読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

私はあなたの帰る場所

直感で生きたら出逢った私たち夫婦のスピリチュアルでリアルな日常

結局、すべてはダメなわたしを認めたくなかったから起こっていたこと。

「ゆき」のようにお金が「たまる」田丸由季です。

 

この記事の続きです↓↓↓

 

snowberry7358.hatenablog.com

 

 

 

 

ナマケモノのわたしでもお部屋が片付いたプラスワンメソッド。


部屋が片付く以外の効果の方がすごかったかもしれません。





わたしは、 落ち込みやすくて感情的になりやすいというちょっと不安定なとこ ろがあります。



それが元でケンカになったことも数知れず。。。





自分に自信が持てないこと
自己肯定感が低いこと
感情をコントロールできないこと




こういった部分でかな〜り悩んでました。




自信が持てないっておっしゃる方のほとんどが
自分のことをよく知らない状態だったりします。



自分のことについて漠然ととらえてるんですよね。



わたしはこれくらいだ。って。



それらとの乖離が大きければ大きいほど
自信が持てなくなったり
自己肯定感が低かったりするんです。



プラスワンメソッドは、最初に

『自分が不調の時に最低限できるくらいのボーダーライン』

を決めるので、



最低限の自分を知ることになります。




この最低限の自分を認めるのが一番嫌だったかもしれません。



そんなはずはない。
こんなにできないわけはない。
もっとやればできる。



できないことを認めるまでは、部屋は片付きませんでした。
やる気も出ないし、なんかイライラしたり、 感情的になったりしました。




わたしのボーダーラインは

・洗濯機を1回まわす。
・ご飯を食べる(作らなくてもいい。片付けはしない)



とっても最低なレベルでダメだと思う(笑)


妻としてどうよ?
母としてどうよ?


って思います。




できないって認めたら、ダメになっちゃうじゃん!!

って頑なに認めてこなかったんですが、認めようが認めまいが
できていなかったわけで、ダメなのは変わらないんですよね。



そうやって
『やっぱりわたしはダメなんだ』
という確認を繰り返していたわけです。




もう、ダメでいいやって心底思って
認めました。





なのに、なぜか今一番片付いてる。(笑)





結局、 すべてはダメなわたしを認めたくなかったから起こっていたこと。





自分の最低値をしっかり見つめたら、 恐れているほどひどくはなかった(笑)

それに、いつもずっとひどい自分でいるわけでもなかった。 ということでした。




みーたーくなーい〜!!!!


って見ないようにしている時が一番怖かったかも。




最低値の自分を知ると、あとは『ある』 に目が行くようになります。
ほぼ自動的です。


あれもできてる、これもできてる。
全部加点されていくので、達成感もある。


できてるじゃん!って思うから自信もついてくるんですよね。




自信をつけようとか、 やらなきゃいけないとか焦ることもほぼなくなりました。




全部逆だった。



自分の最低値を知ることが全ての始まりだった。





自分の価値は役に立つことで成り立っていたんです。


何もない自分に価値があるなんて思えませんでした。



価値がない自分がバレないように、
本当の自分がバレて嫌われないように


人の機嫌をとることで、価値を保っていたんです。




だから、 旦那さんが怒らないように部屋の片付けをやらなきゃいけなかった
食器を洗ってないって指摘されると攻撃されてるって思って逆ギレ してた。



すべての行動の動機が恐怖でした。




そりゃあ、うまくいきませんよね(笑)





最低値のボーダラインを知ること
その自分にちゃんと価値があるって知ること


この2つがプラスワンメソッドの肝かな。


だからちゃんとできない自分に絶望しよう。ショックを受けよう。



でも、それでもあなたに価値はあるのよ。




あれ、パートナーシップまでたどり着けなかった∑(゜Д゜)


まだ続きます!(すまぬ。)



そんな感じです!